自家消費型太陽光の仕組み

自家消費型太陽光とは?


自家消費型太陽光とは、太陽光発電で作った電気を電力会社に売るのではなく、そのまま自社の電気として使用する新しいタイプの太陽光です。買取価格が下落し、また電気代が上昇していく中で
この自家消費型が今後の主流となっていくでしょう。

自家消費型太陽光のメリット

1.節税対策
自家消費型の太陽光発電システムへの優遇税制により、「特別償却50%」や「4%税額控除」を行うことも可能です。したがって、導入することによって省エネ効果が得られるだけでなく、法人税などの節税対策を行うことができます。
2.電気代削減
自家消費型太陽光発電システムでは、作った電気を売電するのではなく、全て社内での自家消費にあてます。発電した分は電気を購入せずに済むので、年々上昇している電気代を大幅に抑制することができます。
3.非常用電源
自家消費型太陽光発電システムは、晴れていれば電気を作ってくれるので、停電時にも電気を使うことが出来ます。さらに、蓄電池とセットで導入すれば、太陽光発電で作った電気を蓄電池に貯めて夜間にも使えるため、長期の停電対策にもなります。