ただの農地を稼げる農地へ

農業を続けながら太陽光発電所が設置可能!

ソーラーシェアリングとは農地に支柱を立て、上部の空間に太陽光パネル等の発電設備を設置し、営農と発電事業を同時に行うシステムです。

ソーラーシェアリングが人気の理由

「売電収益」+「農作物収穫」によるダブル収入

農業にほとんど影響を与えることなく発電するので、これまでの作物の収入にプラスして売電収入を得ることができます。

「固定価格買取制度」により20年間安定収入

固定価格買取制度により、売電単価と期間が決まっているので、安定した収入を得ることができます。
※営農型太陽光は一定の条件を満たす必要があります。詳しくは菅工務店までお問い合わせください。

「第一種農地」でも太陽光発電所を設置可能

第一種農地」でも「一時転用」することで太陽光発電所の設置が可能となります。
 ※ただし、地元の農業委員会に届出を出し、許可を得る必要があります。